スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AirShot使い方詳細

基本的な使い方を説明します。

アプリを起動すると、GPSから位置情報を取得します。
ja01.png

現在位置を表す、水色のポイントが表示されている状態で、メニューから「この場所で写真を撮る」を選択します。
ja02.png

カメラビューへ遷移しますので、画面をタッチするか、HT-03Aなら、トラックボールを押して、写真を撮影します。
ja04.png

戻るボタンで地図画面に戻り、メニューから「写真一覧を表示」を選択してください。
ja05.png

このアプリで撮影した写真の一覧が表示されますので、右側の「地図上に表示」にチェックを入れてください。
ja07.png

戻るボタンで地図画面に戻ると、撮影したポイントに写真が吹き出しで表示されます。
ja08.png

GPSから現在位置が上手く取得できない場合、もしくは、位置がずれてしまっている場合は、メニューから「場所を修正」を選択します。
jaa01.png

すると、ターゲットマークが表示されますので、撮影ポイントに設定したい場所へ移動させます。
jaa02.png

例として、札幌に設定します。
jaa03.png

メニューから「この場所で写真を撮る」を選択し、写真を撮影してください。
jaa05.png

戻るボタンで地図画面に戻り、メニューから「写真一覧を表示」を選択し、先ほど撮影した写真の「地図上に表示」にチェックを入れてください。
jaa06.png

戻るボタンで地図に戻ると、指定した位置に写真が吹き出しで表示されています。
jaa07.png

地図上の吹き出しに表示されている写真をタップすると、拡大画像が見れます。
jaa08.png

上の画面でメニューボタンを押すと、この画像と位置情報を削除する事ができます。実際は、写真は外部メモリー(SDカードなど)、位置情報はアプリ内に保存していますので、撮った写真は削除されません。
jad11.png


一覧画面にて、写真の部分を長押ししますと、同様に削除する事ができます。
jad09.png

削除されました。
jad10.png

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。